稼ぐために必要なWordPressの初期設定やプラグインについて





WordPressはインストールをすればそのまま利用できますが
早く稼ぐためには設定も必要になってきます。

 

そのためWordPressの設定方法やおすすめのプラグインを
お伝えしたいと思います。

 

 

wpXクラウドにドメインの登録

 

こちらで説明しているのはwpXを利用した設定方法です。

 

なぜwpXが良いのかは別の記事にまとめています。

 

wpXクラウドとwpXレンタルサーバーの違いとどちらがいいの?

2016.06.20

WordPressの運営はXサーバーとwpXクラウドどちらがいいの?

2016.06.20

 

ではまずwpXクラウドにログインしてサイドバーにある
ドメイン管理のドメイン追加設定をクリックしてください。

 

 

ドメイン一覧とドメイン追加のタブがありますので
ドメイン追加をクリックしてください。

 

 

こちらでは他社管理のドメインを追加するを
クリックしてください。

 

 

ドメイン名を入力したら下の方にある
ドメインの追加(確認)をクリックしてください。

 

 

確認画面が表示されますので
ドメインの追加(確定)をクリックします。

 

 

これでドメインの登録は完了です。

 

WordPressのインストール

 

ドメインの追加が完了すれば次はWordPressのインストールです。

 

インストールの方法もとっても簡単ですので
では早速インストールしていきましょう。

 

wpXクラウドのサイドバーに新規インストールがあるので
そちらをクリックしてください。

 

 

WordPressの新規インストール画面が表示されますので
必要事項を入力していきます。

 

 

・サイトアドレス:追加したドメインを選択

・WordPressID:WordPressにログインするときに使うID

・ブログのタイトル:これから作ろうとしているブログのタイトル
※タイトルは変更が可能です。

・メールアドレス:管理者用のメールアドレス

 

入力ができましたら次へ進むをクリックし
内容を確認し問題がなければ
確定(WordPressをインストール)をクリックします。

 

 

インストールが完了したというメッセージが表示されれば
無事にインストールが完了です。

 

 

ここに表示されているユーザーIDとパスワードで
ログインをしますのでメモをしておきましょう。

 

WordPressへのログインはWordPress設定のところにある
ダッシュボードへをクリックしていただくか
下記のような感じでアドレスを入力すれば
ログインすることも可能です。

 

 

http://取得したドメイン/wp-admin/

 

取得したドメインのところにご自分が取得した
ドメインを入力してくださいね。

 

するとログイン画面が表示されますので
メモしたIDやパスワードを入力すればログイン可能です。

 

テンプレートのアップロード

 

WordPressをインストールすると
デフォルトのテンプレートになっています。

 

もちろんこのままでもブログを運営することは可能ですが
SEO対策されているテンプレートを利用した方が
ブログを運営するにあたり有利になります。

 

オシャレなブログを作りたくていろいろなテンプレートを
使ってきた私としては下記のテンプレートが
とても使いやすい感じでした。

 

賢威



大ロングセラーSEOテンプレート【賢威】
 

賢威はそのまま使ってもオシャレですし
カスタマイズがとてもしやすいです。

そのためオリジナリティのあるブログを作りやすいです。

 

OPENCAGE



ブロガー専用WordPressテーマ「OPENCAGE」
 

OPENCAGEはいくつかのテンプレートがあり
初心者の方でも簡単に使えるテンプレートです。

 

カスタマイズが苦手な方には便利ですが
オリジナリティのあるブログを作りたい方には
あまりおすすめではないかもしれません。

 

テンプレートのインストールは管理画面の外観より
テーマをクリックしてください。

 

 

新規追加をクリックします。

 

 

テーマのアップロードをクリックします。

 

 

参照よりテンプレートを選択してください。

 

 

※テンプレートのファイルは解凍せずに
zipファイルのままアップロードします。

 

ファイルを選択したら今すぐインストールをクリックし
有効化にすればインストールしたテンプレートになります。

 

WordPress基本設定

 

WordPressをインストールしテンプレートまで終わりましたら
ブログの基本設定を行います。

 

管理画面の設定にあります一般をクリックしてください。

 

 

基本的にはそのままでOKですがサイトのタイトルや
キャッチフレーズを入力します。

 

 

次に設定よりパーマリンク設定をクリックします。

 

 

カスタム構造にチェックを入れて【/%post_id%.html】と入力し
変更を保存をクリックしてください。

 

 

パーマリンク設定はブログを作ったら最初に行い
それ以降は行わないようにしてください。

 

理由は今まで書いた記事のURLがすべて変更になってしまうため
検索エンジンよりサイトを訪れようとしても
記事が見つかりませんなどと表示されて
折角訪れてくれた方もそこで閉じてしまいます。

 

なのでパーマリンク設定はブログを作成した最初だけ行い
それ以降は変更しないようにしましょう。

 

次に設定より投稿設定をクリックします。

 

 

更新情報サービスというところにPing送信先を入力します。

 

 

更新通知サービスについての詳しい説明は
下記のところで行われています。

 

更新通知サービス

 

プラグインのインストール

 

WordPressでブログを運営していくのに
とても重要になってくるのがプラグインです。

 

ネットで検索をしてみると色々なプラグインがあり
とても便利なツールではありますが入れすぎると
ブログが重くなりサイトの表示速度が遅くなります。

 

表示速度が遅くなるとせっかくサイトに訪れてくれても
表示が遅いことからイライラして直帰されてしまうことも・・・。

 

それ以外にも他のプラグインとの相性が悪いなどにより
正常に動かない場合があります。

 

サイトの表示がめちゃめちゃになってしまったり
エラーのような表示だけが表示されることなど
いろいろなことが起こります・・・。

 

そのためプラグインの入れすぎには注意してください。

 

ここでは必要最低限入れておいた方が良いプラグインを
ご紹介させていただきます。

 

Broken Link Checker:自分のブログから外部のサイトへのリンクを貼った中でリンク切れがあるかどうかチェックしてくれるプラグイン。

Contact Form 7:お問い合わせフォームなどが簡単に作成できるプラグインです。

Google XML Sitemaps:検索エンジン向けのXMLサイトマップを作成したり新しい記事を公開した時に自動的にサイトマップを更新してくれるプラグイン。

Master Post Advert:記事上部にアドセンス広告を表示させることができるプラグイン。

WP Multibyte Patch:WordPressをマルチバイト文字に最適化してくれるプラグイン。

WP SyntaxHighlighter:ソースコードを綺麗に表示できるプラグイン。

WP-Copyright-Protection:コピペを防止するために「右クリック禁止」や「文章のドラッグ禁止」してくれるプラグイン。

Akismet:記事に対するコメントの中でスパムコメントなどを自動的に分類してくれるプラグイン。

 

プラグインはプラグインより新規追加をクリックします。

 

 

プラグインの検索にインストールしたい
プラグイン名を入力してください。

 

 

するとプラグインが表示されますので
今すぐインストールをクリックしてください。

 

 

インストールが完了しましたら有効化をクリックして完了です。

 

 

この作業をすべてのプラグインで行ってください。

 

こちらはプラグインのインストールから有効化までとなり
プラグインによっては設定が必要なプラグインもあります。

 

プラグインの設定につきましては別の記事にしてお伝えさせていただきます。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です